2006年06月09日

ベルンの奇蹟

ベルンの奇蹟
ベルンの奇蹟


2005年 ドイツ
監督:ゼーンケ・ヴォルトマン
出演:ルーイ・クラムロート、ペーター・ローマイヤー

1954年のワールドカップ ドイツチームの優勝と
少年マチアスの家族の再生を描いたドイツ映画

2006ドイツワールドカップ開幕!ということで
サッカー関係の映画を。
初めはソ連に拘束されていた父親が帰ってくるが、
家族とうまくいかずやること全て裏目に出てしまう
そんな中ドイツ代表チームがW杯を勝ち進むのを通して
少年マチアスと父親・家族が関係修復していくというストーリーです。
私にはあんまり感情に訴える映画じゃなかったかなぁ〜・・
家族の再生とドイツチームの優勝 どっちつかずな気がしました
試合もいきなり決勝に飛ぶ感じであんまり白熱しなかった。

映画公式HP→ベルンの奇蹟
posted by kirori at 06:43 | TrackBack(0) | ヨーロッパ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。