2005年07月01日

リトル・ダンサー

リトル・ダンサー DTSエディション
リトル・ダンサー DTSエディション


2000年 イギリス
監督;スティーヴン・ダルドリー
出演:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ

1984年のイングランドの炭鉱町。バレエダンサーに憧れる
11歳の少年ビリー(ジェイミー・ベル)を描いたヒューマンドラマ

↓以下ネタばれ含むかもです
男は強くなくちゃいけないと頑固な父親に反対されつつも、
バレエがやりたくてひたむきに頑張るビリー
自分を曲げても子供の夢を応援する父親とお兄ちゃん。
中盤からの父親が唇を噛み締めながらバスに乗るシーン、
2人がビリーを見送るシーン 涙腺ゆるみっぱなしでした
素晴らしきかな 家族愛!!

公式サイト→リトルダンサー
posted by kirori at 19:35 | TrackBack(2) | ヨーロッパ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

リトルダンサー
Excerpt: サンホームでまとめて借りてきたうちの1本。 バレエを見るのが好きなので。。 炭鉱の町で、鉱夫を父と兄に持つ 男の子がバレエを好きになって その道を進むまでの話。 うーん、とってもよか..
Weblog: つれづれなるままに
Tracked: 2005-07-20 16:57

リトル・ダンサー
Excerpt: 出演: ジェイミー・ベル, ジュリー・ウォルターズ, その他 監督: スティーヴン・ダルドリー 眠気に耐えて観た甲斐あった。いい映画だった。 バレエダンサーに憧れる11歳の少年ジミーとその家..
Weblog: Lie to Rye
Tracked: 2005-12-27 03:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。