2006年01月27日

2046

2046
2046


2004年
監督:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン、木村拓哉

ミステリートレインが動き出しアンドロイドが恋をする
2046へ行けば失われた愛が取り戻せるという

↓ネタばれも含みます
予告編とかでは近未来のSFが主って感じの映画かと思ってましたが
SF・アンドロイドはちょっとだけでしたね(キムタクの出番も)
映画の主な部分は小説家(トニー・レオン)の話でした。
でも私は結構好きかも。この映画。
未来のアンドロイドやミステリートレインなどなど
ちょっと不思議な映像が綺麗だったし詩的で良かったです。
フェイ・ウォン好きなんです。色が白くて華奢でめちゃくちゃ綺麗
アンドロイドの格好もかわいい!!

映画公式サイト→2046
posted by kirori at 17:08 | TrackBack(1) | 中国・韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5395837

この記事へのトラックバック

「2046」〜数字の魔力
Excerpt: 2004年香港監督/ウォン・カーウァイ出演/トニー・レオン 木村拓哉 コン・リー チャン・ツィイー   フェイ・ウォン カリーナ・ラウ マギー・チャン    チャン・チェン ドン・ジェ1967年の香港..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2006-04-16 14:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。