2007年11月12日

ゲド戦記

ゲド戦記
ゲド戦記

2006年 日本
監督:宮崎吾朗
出演:岡田准一、手島葵

世界で最も偉大な魔法使い、大賢人のハイタカ(真の名:ゲド)は、
世界に災いをもたらすその源を探る旅の途上にあった。
旅の途中、ハイタカは国を出奔した王子アレンと出会う。
影から逃げ惑い、心の闇と向き合うことのできないアレンの姿に、
ハイタカは若き日の自分の姿を見ていた。

雑誌で映画満足度ランキング「期待ハズレ」1位が
ゲド戦記だったのを見たけど、まぁそこまででもない。
面白くもなかったけど。どちらかと言えば退屈。
宣伝する人間が宮崎駿の息子って煽ったからじゃないの?
名スポーツ選手の息子が名選手でないのと同じようなもので
初監督作品に宮崎駿監督と同じ面白さを期待しても無駄だと思う。
まぁ宮崎駿の息子じゃないと初監督映画にこんなにお金かけて
くれないかもとは思うけど。(声優とか)
やはりスタジオジブリで、絵はすごく綺麗だった。
テルー役の声は歌声は文句なしだけど、怒りとか恐怖とか
声張るときは感情がこもってなく聞こえました。

映画サイト→ゲド戦記
posted by kirori at 17:11 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65900354

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。