2010年02月19日

ただ、君を愛してる

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]
ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]

2006年 日本
監督: 新城毅彦
出演: 玉木宏, 宮崎あおい

大学で知り合った誠人と静流は、それぞれが抱えるコンプレックスに
惹かれ合うかのように仲良くなる。誠人の趣味であるカメラにも
興味を示す静流。やがて、別れ別れになったふたりの運命は、
NYでひとつになるのだが…。

宮崎あおいの可愛さ全開です。ちょっともさい系の格好してもかわいい。
DVDのパッケージにもある青いワンピースのところなんか本当にかわいい!
私は原作を先に読んでたので、展開を知らなければもっと涙腺にきたのかも。
先を知ってても最後のシーンを見た時はジーンときたなぁ
初々しいラブストーリー映画でした。
posted by kirori at 19:43 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ぼくの彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]
僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]

2008年 日本
監督: クァク・ジェヨン
出演: 綾瀬はるか, 小出恵介

ひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。寂しい大学生ジローの前に、
突然キュートな彼女が現れる。
彼女と過ごした数時間は人生の中でも最も輝ける時間となるが、
突然彼女は姿を消してしまう。
そして1年後の21歳の誕生日、ジローは再び彼女に出会う。
似ているけど、どこか違う、“完璧”な彼女に─。

・・・。テレビ放送でながら見するくらいの映画って感じでした。
綾瀬はるか好きには良いのでは。
犯罪者をつかまえるシーンは豪快すぎてスカッとしたけど。
なんかテーマというかよくわかんない映画でした
posted by kirori at 18:24 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

名探偵コナン 漆黒の追跡者

劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 [Blu-ray]
劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 [Blu-ray]

2009年 日本
監督:山本泰一郎
出演:高山ミナミ、山崎和佳奈、神谷明

名探偵コナン劇場版第13弾。東京、神奈川、静岡、長野で
6件の連続殺人事件が発生。警察の捜査会議に参加したコナンは、
そこで刑事に変装した黒ずくめの組織のメンバーを発見する。

小五郎役の神谷さんが降板らしいですね!びっくり!
映画版はこれが最後ですか・・・・
超メインキャラなのに、誰になるんだろう
ドラえもんみたくしょぼくならなきゃいいけど。

映画の方は最近のコナン映画の中では珍しく面白かったかも!
予告編は黒の組織に新一の正体がバレて、高木刑事・佐藤刑事も
狙撃され・・みたいな感じだったけど、やっぱりこういう展開か と
思いつつ見てました。黒の組織が大々的に出てきたから
コナンも終わるのかとちょっと思ったけど、実際は予想した内容。
ラストは好き!ジンに驚愕の顔をさせる展開良い!!d(・∀・)
地味に気になったのがあんな鉄の塊をえぐる程の威力のマシンガンて
あるのかなぁ・・・
posted by kirori at 15:53 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

L change the WorLd

L change the WorLd [通常版] [DVD]
L change the WorLd [通常版] [DVD]

2007年 日本
監督:中田秀夫
出演:松山ケンイチ、福田麻由子

大ヒット作『DEATH NOTE』で緊迫の頭脳戦を繰り広げた青年“L”に
焦点を当てたスピンオフ映画。
キラとの闘いを終えさらなる難事件に挑む“L”の最期の23日間を描く

松山ケンイチ好きなのでL(松山ケンイチ)はかっこ良かった!
けど脚本がひどい。公開時のCMを見てた時から思ってたけど
何でキャストがこんなにしょぼいんだろう・・・?
特に工藤夕貴と南原の喋り方が白々しい。
デスノ好きが期待してたのは夜神月との頭脳戦のような脚本では
ないかと思うんだけど(少なくとも私はそう)
頭脳戦というよりはただのウィルステロ・・・
posted by kirori at 11:35 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

HERO

HERO スタンダード・エディション [DVD]
HERO スタンダード・エディション [DVD]

2007年 日本
監督:鈴木雅之
出演:木村拓哉、松たか子

人気ドラマHERO映画化
東京地検・城西支部に6年ぶりに戻った検事の久利生公平。
担当することになったのは容疑者が罪を認めた傷害致死事件の裁判。
ところが初公判で容疑者はあっさりと無罪を主張。
容疑者の弁護士で刑事事件無罪獲得数日本一の敏腕弁護士・
蒲生一臣に、次第に久利生も追い詰められていく

スペシャル版見てないとよくわからない箇所があったり
特にいらない韓国シーン(イ・ビョンホンで観客数稼ぎでしょうけど)
があったりと、映画化ならではの無駄?があったりしたけど
なかなか面白かったです!香川照之のキャラいい味だったなぁ
スペシャルとしての放送だったなら文句なしの面白さだったです。
ドラマチックな裁判シーン わかってるけど好き黒ハート
城西支部のメンバーのくすっと笑ってしまう小ネタシーンも満載w
久利生と雨宮のやりとりは相変わらず微笑ましいし
2人の行方はどうなるのかな〜と思ってたけど・・・

↓ネタばれあり
最後ええ〜っ!て展開でしたね テレビで見たからカットされて
んのかもしれないけど香水のくだりとかあったのかな〜
posted by kirori at 00:24 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

ピアノの森

ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD]
ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD]

2007年 日本
監督:小島正幸
出演:上戸彩、神木龍之介

天才と秀才、二人の少年ピアニストを描く、
涙あり笑いありの感動作を劇場用アニメーション化。

天才って秀才がどんなに努力しても簡単に追い抜いていくんですよね・・
なんかそれだけを感じた映画でした。私には。
↓ネタばれ含みます。
元天才ピアニストも修平には教えないのにカイには教えるし
コンクールでは楽譜通りに弾かなかったから落選したけど
カイは修平を追い抜いて世界へ出ていく
なんか天才には凡人が頑張っても追いつけない感が残る感じ。
のだめカンタービレのドラマとかの方が音楽の楽しさとかが伝わってきて面白いです。
映画化されるし楽しみです。

posted by kirori at 23:31 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

エクスクロス 魔境伝説

エクスクロス 魔境伝説 [DVD]
エクスクロス 魔境伝説 [DVD]

2007年 日本
監督:深作健太
出演:松下奈緒、鈴木亜美

このミステリーがすごい!大賞受賞の原作
そのケータイはXX(エクスクロス)で」を映画化
人里離れた温泉地“阿鹿里村”へやってきた誰にでも優しいしよりと、
自由奔放で常に複数の恋愛を進行させている友人の愛子。
だがその村の人々は狂気に染まっており、2人に襲いかかってきた

予告とかはホラー映画っぽいけどホラーではない。
あの格好した小沢真珠が出てきた時点でホラーではないって感じだけど
私は意外と怖かったかも・・・別の意味でも。
彼氏を盗られたのが理由であそこまでなる彼女って怖すぎる!!ヽ(゚Д゚;)ノ!!
鈴木亜美と小沢真珠の戦いのシーンは突っ込み所満載。
物部昭の声ってジャックバウアーの声に聞こえる・・と思ったら
ほんとに吹き替えの人だった。最後に思わぬドッキリ?も(笑)
結構くだらない内容だけどB級映画として1回見る分にはいいかも(笑)
posted by kirori at 20:44 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

花より男子ファイナル


花より男子ファイナル
スタンダード・エディション

花より男子ファイナル スタンダード・エディション

花より男子ファイナル プレミアム・エディション
花より男子ファイナル プレミアム・エディション


2008年 日本
監督:石井康晴
出演:井上真央、松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力

日本中に旋風を巻き起こした大ヒットTVドラマの劇場版。
全世界に向けて婚約を発表したつくしと司。しかし婚約の証として
贈られた推定100億円のティアラが、何者かに奪われてしまう。
ふたりはF4メンバーの協力の下、その行方を追って世界中を駆け巡る。

はぁ〜ついに花男も完結しちゃったなぁ
ドラマから大好きで(特に花より男子2 (リターンズ)が一番好きだった)
映画もすごく楽しみでした。
あのシーンこういう展開のが良かったとか少々思う所はあったけど
やっぱりラストは見ているこっちまで笑顔になってしまいました
京都でつくしの両親を前にしての司の台詞を聞いて
道明寺っていい男やな〜と思っちゃったw
あんな台詞なかなか言われない!って甘〜い台詞がいっぱいですよw
最後の花沢類の台詞。「花に嵐の喩えもあるぞ さよならだけが人生だ」
ってやつ。あの意味がわからなくて検索してみて
意味深いなぁと思いました。今後のF4とつくし達
花より男子シリーズの事を表してるみたいとか深読みしてしまいました
posted by kirori at 18:32 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

名探偵コナン 戦慄の楽譜

劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)

2008年 日本
監督: 山本泰一郎
出演: 高山みなみ, 山崎和佳奈, 神谷明, 山口勝平

音楽家を狙う連続殺人事件に巻き込まれたコナンたちが
名曲に隠された謎を解き明かす、青山剛昌原作の劇場版シリーズ第12作!
ピアニストが主催する音楽アカデミーの出身者ばかりを狙う連続殺人事件が発生する。

音楽は良かったです。ストラディバリのバイオリンや
アメイジング・グレイスはすごい綺麗だった!
が、犯人を推理するとか、アクションとかが物足りなかったので
ストーリーが微妙でしたね・・・
映画版は作画がいつも綺麗で好きなんですけどね
この間放送された「怪盗キッドの瞬間移動魔術」の方が
キッド好きの私としては面白かったなぁq(・∀・)
(怪盗キッドの驚異空中歩行と似てるけど)
コナンや怪盗キッドのアップの所は映画の作画の人っぽかったけど
中森警部とか観客の時は絵がひどくなるんですよね・・
全部映画のような綺麗な作画だったらもっと良かったのに〜
まぁ今回もキッドはかっこ良かった〜!!
posted by kirori at 09:34 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

Re:

コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc)

コードギアスR2 反逆のルルーシュFinal turn「Re;」

泣かされた・・・。(ネタばれありです)
ゼロが現れルルーシュの回想になるシーンあたりからは
すごく良くできてたと思います。音楽も良かった。
(コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.のmadder skyって曲)
ナナリーの声優さんも上手だった。
妹のために良い世界に変えたいとそれだけを願ったルルーシュ
色んな理由で人をたくさん殺したから幸せな結末はないのかも
しれないけど、これが2人の計画 ゼロレクイエムかぁ・・・
血染めのユフィ」と最終回は衝撃でした。
全部背負って悪役に徹して自分が死ぬ事で
優しい世界を創ろうとしたルルーシュ
「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」って
物悲しい笑顔でぶわ〜っと涙が出てきて
「continued story」をBGMにナナリーの絶叫で涙腺決壊・・画面が見えねぇ・・
長めなのでたたみます
posted by kirori at 22:34 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー
ハチミツとクローバー

2006年 日本
監督:高田雅博
出演:櫻井翔、蒼井優

5人の美大生の切ない恋模様を描いた、羽海野チカの原作コミックを映画化。
浜美大に通う竹本は、天才的な絵を描くはぐみと一瞬にして恋に落ちる

原作漫画は途中までしか読んでないんですけど竹本、はぐみの配役は
イメージに合ってるかも。櫻井翔も蒼井優もほわ〜んとしてる感じだし。
森田とかはちょっと違うかな・・・
それぞれが片思い だけどあんまり切ない気分にはならなかった
盛り上がり所がなくてちょっと退屈な感じの映画でした。
ラストのスピッツの魔法のコトバがかかる頃にちょっと
爽やかな気分になったかな。
posted by kirori at 19:43 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

オトシモノ

オトシモノ
オトシモノ


年 日本
監督:古澤健
出演:沢尻エリカ、若槻千夏

“オトシモノ”の定期券を拾った人々が次々と行方不明になる
事件が起こる。消えた妹を捜す女子高生・木村奈々は、
クラスメイトの藤田香苗と共に謎の解明に乗り出すのだが…

駅のホームに落ちている定期を親切で拾った人が
どんどん死んでいくって不条理な設定やなと思いながら
見ましたが・・・ショッッッぼいホラー映画でした・・
酷すぎ。失笑の嵐。シーンがぶつっと飛んだりして流れが悪いし
第一怖くない。最後はバイオハザードみたくゾンビ映画みたいに
なってるし。ホラーなのに友情を押し出してるような映画でした。
仄暗い水の底からみたいなテイストにしようとしたのか・・?
posted by kirori at 00:00 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

名探偵コナン 紺碧の棺

劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺
劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺

2007年 日本
監督:山本泰一郎
出演:高山みなみ、山崎和佳奈

青山剛昌原作のミステリーアニメ『名探偵コナン』の劇場版第11弾。
太平洋に浮かぶ“神海島”へ、バカンスに訪れたコナンたち一行。
島に居合せたトレジャーハンターがサメに襲われ死亡したことから、
コナンは捜査を開始する

う〜ん ここのところコナン映画のストーリーは
盛り上がりに欠けるなぁ(´∧`;*)予告の時から2人の女海賊に
蘭と園子をかぶらせるのはみえみえだったし
(それが盛り上がるポイントは少しもないし)
この人が犯人だったのか!って驚きもなかったし。
思えば映画初期のストーリーの面白かったことよな・・
posted by kirori at 00:00 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

is A. イズ・エー

イズ・エー [is A.]
イズ・エー [is A.]


2003年 日本
監督:藤原健一
出演:津田寛治、小栗旬

14歳の少年が渋谷で爆破事件を起こす。
少年法により、4年後に少年院を出所した彼を待っていたのは
教師を辞して清掃員として働く父と、
事件によって家族を失った刑事だった。

犯罪を犯した少年の父親と息子を殺された父親、2人の父親に
焦点を主に当てた映画です。この映画の少年犯罪者は
人間の心がないというか、不気味な感じ。
でもガラスのような壊れやすい感じもして綺麗だった。
(あくまで映画の中だからと言うことで)
↓ネタばれ含みます
内藤剛志の演技がすごかった。
子供の更生を願う親の狂気と言うか・・
最後の息子を殺そうとするシーンはちょっと涙が出た。
重い映画で、解決や答えは何もなかった。
たった数年で出所してきた少年犯罪者の償いは何をする事なのか。
育て方や環境だけでこんな殺人者が出てくるのか。
加害者より被害者が守られるべきだと私は思ってるけど
加害者の親・家族という立場も考えさせられました。

映画公式サイト→イズ・エー
posted by kirori at 00:00 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ゲド戦記

ゲド戦記
ゲド戦記

2006年 日本
監督:宮崎吾朗
出演:岡田准一、手島葵

世界で最も偉大な魔法使い、大賢人のハイタカ(真の名:ゲド)は、
世界に災いをもたらすその源を探る旅の途上にあった。
旅の途中、ハイタカは国を出奔した王子アレンと出会う。
影から逃げ惑い、心の闇と向き合うことのできないアレンの姿に、
ハイタカは若き日の自分の姿を見ていた。

雑誌で映画満足度ランキング「期待ハズレ」1位が
ゲド戦記だったのを見たけど、まぁそこまででもない。
面白くもなかったけど。どちらかと言えば退屈。
宣伝する人間が宮崎駿の息子って煽ったからじゃないの?
名スポーツ選手の息子が名選手でないのと同じようなもので
初監督作品に宮崎駿監督と同じ面白さを期待しても無駄だと思う。
まぁ宮崎駿の息子じゃないと初監督映画にこんなにお金かけて
くれないかもとは思うけど。(声優とか)
やはりスタジオジブリで、絵はすごく綺麗だった。
テルー役の声は歌声は文句なしだけど、怒りとか恐怖とか
声張るときは感情がこもってなく聞こえました。

映画サイト→ゲド戦記
posted by kirori at 17:11 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

キサラギ


キサラギ プレミアム・エディション (初回限定生産)
キサラギ プレミアム・エディション (初回限定生産)
 
キサラギ スタンダード・エディション
キサラギ スタンダード・エディション



2007年 日本
監督:佐藤祐市
出演:小栗旬、小出恵介、ユースケ・サンタマリア

自殺したアイドル如月ミキの一周忌
男、5人 この部屋で事件は起こる・・・

面白かった!!映画はとあるビルの屋根裏?の倉庫みたいな一室で
初めから終わりまで展開されるので、この面白さは脚本で決まってる
と思います。お金かけなくてもここまで面白くなるんだなぁ〜
その脚本を5人の俳優がテンポ良くやってるので最後まで
楽しめましたq(・∀・)内容は密室サスペンスというよりは
ワンスポットエンターテイメントの方が合ってる気がする。
コントみたいな所もあり、スネークの合いの手とかで爆笑しました!
踊るネタとかも(笑)で、かわいいのがラッキーチャッピー!!
公式ショップにはぬいぐるみしかないけど映画で出てきた
ボトルセットの5種類のがかわいかった・・あれとそっくりの
携帯ストラップとか出してくれたら買うのに・・・
1月にDVDが出るので是非見てみてください!

↓以下ネタばれ?
5人が出した結論に、プラネタリウムのシーンで素敵なエンディング、
ラブレターはそのままでに乗せて5人のオタダンスで終わり・・・
で良かった気はしました。1作目以上の展開は無理だろうから
続編はないと思うのでラストの宍戸錠のシーンはいらなかったかな。
1作目以上の続編があるなら是非見たいです!!


キサラギ映画サイト→キサラギ
posted by kirori at 13:52 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

蝉しぐれ

蝉しぐれ プレミアム・エディション
蝉しぐれ プレミアム・エディション


2006年 日本
監督:黒土三男
出演:市川染五郎、木村佳乃

藤沢周平原作の同名小説を映画化。
江戸時代を舞台に、とある下級武士の生き方を、
日本の四季折々の美しい風景を織り交ぜながら描いた人間ドラマ

久しぶりの更新ですq(・∀・)
CMとかでは市川染五郎と木村佳乃の悲恋が主って感じ
だったけど、映画を見てみると木村佳乃は出てるシーンが
少なかった。そしてなぜかふかわりょうと今田耕司がメインで
出ていた・・・気にしてなかったから気づくの遅かったけど。
唯一良かったシーンは文四郎とふくが最後に会うシーンかな。

蝉しぐれ映画サイト→蝉しぐれ
posted by kirori at 08:38 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

DEATH NOTE the last name


DEATH NOTE デスノート
DEATH NOTE デスノート

DEATH NOTE/DEATH NOTE
the Last name complete set

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set



2007年 日本
監督:金子修介
出演:藤原竜也、松山ケンイチ

名前を書くと人間が死ぬというデスノートを拾った高校生 夜神月
犯罪者を殺し新世界の神 キラになろうとする月と
キラを逮捕しようとする謎の探偵Lの対決が始まる。
少年ジャンプマンガ「DEATH NOTE」を映画化→デスノート全12巻

デスノート後編です。
ちょっと妹役・キャスターの上原さくらの演技が
白々しかったけど・・長い原作を結構うまく
まとめたんではないかと思います。
高田清美役は片瀬ナナ。股下88cmらしい美脚を披露してました。
↓ネタばれ含みます。
原作と映画版は結末が違うということでしたが、
あんまり変わってなかったかも。
(漫画のニア編でリュークがデスノートに月の名前を書くって
所は変わらずで、月の追い詰め方が多少違うのかな
映画版ではLが自分でデスノートに自分の名前を書き、
自分の命と引き換えに犯人を証明したってラストでした)
でも私は結末は映画版の方が好きかな。漫画版は子供も読んでるし
世間体を気にしてか悪いやつは滅びる的な終わり方だったけど、
映画版は最後リュークが飛んでるし影のある終わり方というか。
私は救いようのない犯罪者は死んだって構わないと思うんで。
posted by kirori at 15:04 | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

海猿 limit of love

LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション
LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション


2006年 日本
監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明、加藤あい

鹿児島沖3キロで、乗員・乗客620名を乗せた大型フェリーが座礁。
沈没まで4時間と言われる中、大輔は救助活動をするため、
パニックとなった船の中へ。ところが爆発により、大輔はバディの吉岡、
乗客らと船の中に閉じこめられ出口を絶たれる…。

映画→テレビドラマ→映画で完結です
なかなか面白かったです。エンターテイメント映画として。
特に前半〜中盤くらいが緊迫感があって。
映画版だけあって”9階建てビルが浮いてるような”
乗員が600人以上もいる船が沈没するというスケール。
踊るのようにフジテレビっぽいという感じで、プロポーズの所はちょっと
くさすぎだったけど。(他の所員も全員手止めてんじゃんみたいな(笑))
もうこの映画は仙崎がほぼ1人で頑張って頑張ってっていう
ストーリーだったと思います。
私は1の方が面白かったかな 純粋な面白さがあって。
posted by kirori at 00:00 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

トリック劇場版2

トリック -劇場版2- 超完全版
トリック -劇場版2- 超完全版


2006年 日本
監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵、阿部寛

自分の信奉者を集めて島を支配する霊能者の筺神佐和子。
彼女にさらわれた少女を助け出すため、島にやって来た
奈緒子と上田は、佐和子に本当に霊能力があるのかどうかを
見破ろうとする。トリック劇場版第2弾

最後なの?最後じゃないの?
卵から生まれたのはひよこだった・・・
スペシャルとかなる度にだんだん面白くなくなってきてるから
映画第2弾やいかにと思って見ましたがまぁまぁかな。
映画1作目よりくすっと笑える所があったかも。
やっぱり劇場版だけあってゲスト俳優?も豪華でした。
片平なぎさ・堀北真希・平岡裕太など
なんかフジのパクリっぽいのがちらほらあったけど(笑)(ワン○ースとか)
でもやっぱりトリック好きなので続編が出来てほしいなぁ〜
↓ネタばれ(?)あり
恒例の習字のシーンで「シリーズ復活希望」ってあったのと
ラストのシーンで「完」のはしっこに「かも」ってあったりして
ちらほら続編を臭わせるシーンはあったんですが、今後いかに。
posted by kirori at 21:03 | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。