2005年09月09日

笑の大学

笑の大学 スペシャル・エディション
笑の大学 スペシャル・エディション


2004年 日本
監督:星護
出演:役所広司、稲垣吾郎

昭和、演劇台本の検閲官(役所広司)は劇団の座付き作家(稲垣吾郎)の
脚本を上演中止に追い込もうと難題をふっかける。
が、2人のやり取りで脚本はどんどん良くなっていく

結構面白かった〜 三谷幸喜の舞台を映画化したものですが、
三谷幸喜の映画って私にはケラケラ笑えるものになってます
お国ちゃんのところとかは爆笑してましたが。。
ずっと同じような展開だとは思いますが、
結構飽きずに見られました(^-^)

映画HP→笑の大学
posted by kirori at 00:08 | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション
いま、会いにゆきます スタンダード・エディション


2004年 日本
監督:土井裕泰
出演:竹内結子中村獅童

雨の季節になったら戻ってきます
そういい残して病気で死んでしまった妻・澪(竹内結子)が現れた。
6歳の息子と巧(中村獅童)は記憶をなくした妻と暮らし始めるが・・
市川拓司のベストセラー小説を映画化した感動作

映画化決定の頃に原作を読みました。すごく純粋で良い話でした
3人とも別れるのを知りながら限られている時間を大事に過ごしているのが
切ない 特に子役の子がよく母親に抱きついていくのが。。(TT)
あの事を知ってからの母親の行動もまた切ない。。。
ラブストーリーとあるけど家族愛も大きいんではないでしょうか

原作はこちら
いま、会いにゆきます
いま、会いにゆきます


映画公式サイト→いま、会いにゆきます
posted by kirori at 06:54 | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

スウィングガールズ


スウィングガールズ
スタンダード・エディション

スウィングガールズ スタンダード・エディション

スウィングガールズ
スペシャル・エディション

スウィングガールズ スペシャル・エディション


2004年 日本
監督:矢口史靖
出演:上野樹里、本仮屋ユイカ

補習をサボるためにビッグバンドをやることにした女子高生達が
だんだん魅力にひきこまれジャズバンドを結成するという青春映画

ウォーターボーイズの女の子バージョンみたいな映画です。
同じ監督で、切磋琢磨しながら目標に向かっていくという話の筋も似てます。
私はウォーターボーイズの方が面白かったかな。。。
ジャズは結構耳にしたことのある曲も入っていて楽しめます。
なんとなく曲はわかるんだけど・・という演奏からだんだん
上手くなっていく過程とか良かったです。
が、ラスト上手くいくまでの過程が簡単にいきすぎて
あんまり共感できなかったという感じです。

映画公式サイト→SWING GIRLS
posted by kirori at 19:18 | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

海猿

海猿 スタンダード・エディション
海猿 スタンダード・エディション


2004年 日本
監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明、加藤あい

ドラマ化・映画2作目も決定して(2006年公開予定)
テレビで放送していたのでビデオに録って見ました。
が、なんか延長があったらしく最後の最後で切れてる〜!!
ちょうど加藤あいが立ち止まった先に伊藤英明が待ってるとこでぶつっと
切れてる!!ありえない!!火曜にはドラマが始まるので、
先を見ないままドラマを見ることになりそうです。。。。

1%しかなれないという潜水士を目指す14人の訓練生を描いたドラマ。
「踊る大捜査線」のスタッフが製作したそうで
なんか典型的なシーンが結構ありましたが
まぁそれなりに面白かったです 加藤あいかわいかったし
ラストの方の全員が海から上がった時の源教官が渋いっ!!
映画1作目の続きがドラマ、ドラマの続きが映画2作目の内容になるみたいです

公式サイト→ 映画版・ドラマ版サイトに飛べます。海猿
posted by kirori at 12:11 | TrackBack(5) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

みんなのいえ

みんなのいえ
みんなのいえ


2001年 日本
監督:三谷幸喜
出演:唐沢寿明、田中邦衛

飯島夫婦(田中直樹・八木亜希子)はマイホームを建てるのに
設計をインテリアデザイナーの柳沢(唐沢寿明)に、
建設を大工の父(田中邦衛)に頼むが二人の意見はいつも対立する。
マイホームをめぐるドタバタを描いた三谷幸喜のホームコメディ。

三谷幸喜のエッセイ「三谷幸喜のありふれた生活」読んでます。
これが面白かったのでまたラヂオの時間の4年後に撮られた映画を見ました。
本の中でちょうどこのみんなのいえ撮影の話も書かれてます。

結構批判の感想も多いんですねぇ。。リアリティを求めてんのかな
私は結構好きです。前作・ラヂオの時間より面白かった。
家を建てるのには別に役立つとは思えないけど、
深く考えずにのんびり見られて笑える映画でした。アホらしい笑い大好き!
「自分の問題ですから」とかね(笑)
それから出演者が多い多い。あんなところにあの人が!とか
テレビで見たことある顔がたくさん出演しています。
エンドクレジットでそれがわかったりして最後まで楽しめました。
posted by kirori at 20:17 | TrackBack(6) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ

ジョゼと虎と魚たち」の監督と脚本渡辺あやが
再び手がける完全オリジナルストーリーの映画みたいです。
関係ないけどトヨタのヴィッツのCMの西島秀俊がかっこ良くて
出てる映画を見ていたら、このメゾン・ド・ヒミコにも出てるんですよ〜

”私を迎えに来たのは若くて美しい男。彼は父の恋人だった”が
キャッチコピーで、ゲイが暮らす老人ホームでの人の生と死、絆などを描く。
9月クランクイン、11月下旬クランクアップだそうです。
キャストはオダギリジョー、柴崎コウ、田中泯。

公式サイト→メゾン・ド・ヒミコ
posted by kirori at 22:08 | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち(通常版)
ジョゼと虎と魚たち(通常版)


2004年 日本
監督:犬童一心
出演:妻夫木聡、池脇千鶴

雀荘でバイトする大学生の恒夫は
乳母車に乗って祖母と散歩するジョゼと出会う。
ジョゼことくみ子に惹かれていく恒夫。
恋愛の幸せ、哀しさを描いたラブストーリー。

ジョゼを演じる池脇千鶴さんが物凄くかわいかった。演技上手いなぁ。
ちょっとふてぶてしい大阪弁で「なんや」とかいう話し方なんだけど
物凄くジョゼというキャラがかわいく見える。
恋愛のふとした瞬間の幸せな部分や悲しいシーンが良かったです。
(例にあげて書くと面白くなくなると思うので書いてません)
私は当たった手をジョゼがぱっと引っ込めた後
恒夫がもう一度握りなおす
シーンとかが好き。
キャッチコピー?の”忘れたい、いとおしい、忘れられない”って
気持ちを描いたような恋愛映画ですかね。切ないピアノのBGMもいい感じ。
個人的には荒井浩文演じる幸治がいい味出してたと思います(笑)
ちなみに現在「エンジン」出演中の上野樹里も出てます。

ネタばれあり↓
足が不自由なジョゼを支えたいという恒夫の優しさ
支えきれなかった現実
ラストの車椅子で一人で生きているジョゼ
前向きなんだけどやっぱり切なくてちょっと悲しい。。


原作は田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち
公式HP→ジョゼと虎と魚たち
posted by kirori at 22:05 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

下妻物語

下妻物語 スタンダード・エディション
下妻物語 スタンダード・エディション


2004年 日本
監督:中島哲也
出演:深田恭子、土屋アンナ

茨木県は下妻。
ロリータファッションの桃子とレディース舗爾威帝劉のイチゴの友情物語。
嶽本野ばら原作の「下妻物語」を映画化。

映画公開当時深キョンがロリータの格好で宣伝してたのは知ってたけど
「げぇ〜面白くなさそう〜」ぐらいにしか思ってませんでした。(^^;
見ず嫌いだったけど評判が結構いいので見てみたら面白いんですよ!
なんか見た目で損してる気がするなぁこの映画。
土屋アンナあんまり好きくない感じだったんだけど、
(コメンタリーの素?はやっぱり好きくない感じかも)
イチゴ役の土屋アンナはめちゃくちゃかわいくて光ってました!
下妻物語で一番のお気に入りです。
なんか、ヤンキーなんだけど物凄くかわいい 面白いし。
で、見終わった後爽快感があって元気が出る映画でした。
見ず嫌いだった人もぜひ見てみてください!

公式サイト→下妻物語
posted by kirori at 17:11 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

四日間の奇蹟

四日間の奇蹟
四日間の奇蹟


100万部突破のベストセラー「四日間の奇蹟」。
この「四日間の奇蹟」(浅倉卓弥著)が映画化されます!
去年原作の方を読んだんですが、良かったです
私は好きだな〜 映画の方も見てみたいなぁ

突然の事故で信じられない"四日間の奇蹟"が起こる。
映画では夢を断念したピアニスト・如月敬輔役に吉岡秀隆、
療養センターで働く岩村真理子役に石田ゆり子、
両親と死別した天才ピアニスト・楠本千織役に尾高杏奈
が出演しています。6月4日公開です
主題歌は平原綾香のEternally Barksで4日間だけフル視聴できます。

公式サイト→四日間の奇蹟
posted by kirori at 17:59 | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

天国の本屋〜恋火〜

天国の本屋 ~恋火
天国の本屋 ~恋火


2004年 日本
監督:篠原哲雄
出演:竹内結子、玉山鉄二

松久淳+田中渉の原作「天国の本屋」シリーズを映画化
売れないピアニスト健太はヤマキに連れられ"天国の本屋"でバイトすることに。
そこで子供の頃の憧れのピアニスト翔子に出会う。
一方翔子の姪の香夏子は花火大会を開こうとして叔母の恋人の話を知る。

映画化される前に原作を読んでたんですが、原作も良いですよ〜
この映画は原作3作目の「天国の本屋〜恋火〜」が主ですが、
1作目にある由衣と弟の話も映画に入ってます。
由衣役は香里奈が演じていますが原作の由衣と
結構気の強そうな所が合ってるな〜と思いました。
そして翔子(竹内結子)と健太(玉山鉄二)が弾くピアノ曲がすごく綺麗でした!!
コメンタリーによると玉山鉄二は何ヶ月かピアノを練習して、
手元が映ってないシーンでも実際に弾いているらしい。。すごいぞ玉鉄

infoseek天国の本屋〜恋火ページ→天国の本屋〜恋火

天国の本屋 原作



天国の本屋
天国の本屋
天国の本屋
うつしいろのゆめ
天国の本屋―うつしいろのゆめ
天国の本屋
恋火
天国の本屋 恋火
posted by kirori at 18:55 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

ロボコン

ロボコン
ロボコン


2003年 日本
監督:古厩智之
出演:長澤まさみ、小栗旬

「ロボコン」と聞くと始めにアニメの「ロボコン」が出てきたんですが、
選ばれた高専の生徒達がロボットを開発し優勝を狙う"高専ロボコン"に
挑戦する落ちこぼれ「第二ロボット部」のストーリーを描いた青春映画です。

青春映画と言っても熱血ものでもなく、爽やか感がある面白い映画でした。
居残り授業を免除してもらうために
第二ロボット部に入部した里美(長澤まさみ)。
長澤まさみの笑顔がすごくかわいくて、
この笑顔が映画をより爽やかにしてる感じ(おまけに足細い。)
他「第二ロボット部」部員は部長に伊藤淳史、
設計担当の天才少年に今や売れっ子の小栗旬、
ユーレイ部員に塚本高史 が出演しています。

思ったよりロボコンの試合に見入ってしまいました(笑)
落ちる落ちないの緊張感があるので良かった。
音楽がもっと良かったらもっと白熱して面白い場面になったんではないかと。。
余談だけどうじきつよし久しぶりに見たなぁ

見終わった後のさわやか感が良い映画でした。おすすめ!

↓公式サイトではないけど、東宝のロボコンページ
ロボコン
posted by kirori at 01:33 | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

きょうのできごと a day on the planet

きょうのできごと スペシャル・エディション
きょうのできごと スペシャル・エディション


2004年 日本
監督:行定勲
出演:田中麗奈、妻夫木聡、伊藤歩 他

8人の大学生の1日の小さな出来事をベースに描いたストーリー。
他の人達の話もどこかでつながっていて、
何もないんだけどどこか懐かしい空気感のある映画でした。
淡々と描いてるけど身近でリアル。あ〜いるいるって人物が結構いる。
弱気で言い寄られておろおろしてるかわちや、人がいい正道クンにけいと。
メイン出演者はみんな大阪弁で喋ってます。
個人的には座礁したくじらを見た女子高生とけいと(伊藤歩)が良かったです。
原作は柴崎友香「きょうのできごと

公式HPはコチラ くじらをクリック!→きょうのできごと
*3/20でクローズになるそうです。
posted by kirori at 02:02 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

g@me

g@me. プレミアム・エディション (初回生産限定版)
g@me. プレミアム・エディション (初回生産限定版)


2003年 日本
監督:井坂聡
出演:藤木直人、仲間由紀恵

東野 圭吾の原作「ゲームの名は誘拐」を映画化。
エリート佐久間(藤木直人)は上司の娘樹里(仲間由紀恵)から
自分を誘拐する計画を持ちかけられる。

藤木直人も仲間由紀恵も好きなので見た映画です。
2回目かな。これすごく面白いです!!
ストーリーが二転三転して予想がつかないから
最後は「え〜!そうだったのか」と(制作側の狙い通り?)びっくり!
映像的にも被写体が良いのできれいでした。主演2人が美男美女だからね〜
g@meの写真集も出ています。→g@me 写真集 ☆TOKYO STREAM

↓以下ネタばれ
映画のラスト樹里は「妹を殺した罪を償いたい」と
佐久間の元からいなくなってしまいます。
推理系の話って最後「二人は幸せに暮らしました」的なハッピーエンドってあんまりないですよね・・このラストは原作とは違うらしいんですが
私は二人はくっついて欲しいな〜と思いつつも、
ラブストーリーじゃないんでそういうのもアリかなと・・思うラストでした
posted by kirori at 10:13 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

名探偵コナン 迷宮の十字路

名探偵コナン「迷宮の十字路」
名探偵コナン「迷宮の十字路」


2003年 日本
監督:こだま兼嗣
出演:高山みなみ、山崎和佳奈

コナン映画第7作。
今回は西の名探偵 服部平次が主役です。
事件解決のため京都で遭遇したコナンと平次達。
小さい頃に平次が一目惚れしたという初恋の女の子の謎も

う〜ん・・今回の映画はイマイチでした
推理もののシーンはともかくアクションシーンがイマイチだったし
毎度おなじみの新一登場シーンも盛り上がりに欠ける感じで
全体的に私にはあんまりだったかなぁ
まぁ新一のシーンは毎度のことなのでいつも無表情で見てますが(笑)
新一より平次の方が好きなので話がもっと面白かったら良かったかな

最後は平次の初恋の女の子が和葉だったという事で。。
(違う格好してても気づきそうなもんだけど。)
新一といい他の女の子の出現を許しませんねw
posted by kirori at 20:46 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

名探偵コナン ベイカー街の亡霊

名探偵コナン・ベイカー街の亡霊
名探偵コナン・ベイカー街の亡霊


2002年 日本
監督:こだま兼嗣
出演:高山みなみ、山崎和佳奈

コナン映画第6作。
バーチャルで楽しめる新世代ゲーム機「コクーン」でコナン達が
19世紀のロンドンで謎を解くというストーリー。
野沢尚がシナリオを書いたそうで・・豪華ですね〜

おなじみのコナンと少年探偵団たちが
"悪しき日本の世襲制"を代表する(医者・政治家などの)子供たち3人と
一緒にジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)の謎を解いていく。
コナンは推理ものですが、私はあんまり誰が犯人か推理して見てなく、
1つの映画として見てます。コナン達って小学生・・だっけ?
なぜに小学生でおねえ口調のキャラがいるんだろうとは思いましたが(笑)、
コナン映画の中ではまずまずの内容かなぁ
個人的には最後のアクションシーン?と音楽が結構良かったです。
posted by kirori at 01:05 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

呪怨 or 着信アリ?



呪怨 劇場版
呪怨 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ
呪怨2 劇場版
呪怨2 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ
着信アリ
着信アリ


ハリウッド版呪怨「THE JUON」と着信アリ2公開してますね〜。
今日TBSで「呪怨」が放送されるみたいです。
2つとも最近のジャパニーズホラーを代表する映画っていう感じですね
着信アリもハリウッドでリメイクされるとか・・

呪怨
2003年 日本
出演:奥菜恵、伊藤美咲 他

呪怨は前評判からすごく怖いというイメージだったんですが、
見てみると思った程でもなく・・
あの所々現れる子供がアップで見ると白く塗ってあるのがわかってしまって(笑)
一番怖かったシーンは奥菜恵が屋根裏をのぞいた時ですか・・
あんまり怖くないので、ちょうど電気を消して見始めた時だったので。
栗山千明が出演しているビデオ版呪怨の方が怖いとか聞いたこともありますが、どうなんでしょう。

着信アリ
2004年 日本
出演:柴咲コウ、堤真一 他

携帯電話に自分の死ぬ間際の声で死の予告電話がかかってくるというホラー映画。
電話がかかってきてからの意外な死に方に始めちょっとびっくりしました。
もっと幽霊っぽい死に方するのかと思ってたので
ホラー映画だけど、推理というか事件が少しずつわかってくるといったストーリーでした。

現在公開中の映画のHPはコチラ。
THE JUON
着信アリ2

posted by kirori at 15:54 | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

2002年 日本
監督:原惠一
出演:矢島晶子、ならはしみき

「クレヨンしんちゃん」シリーズ劇場版第10作。
ある日の朝、庭を掘り返した飼い犬のシロが、古い文箱を発見。
中には下手くそな文字で「おひめさまはちょーびじんだぞ」と書いてある。
それは書いた覚えのないしんのすけ(矢島晶子)の手紙だった。
その日の夢に出てきたおねいさんが「おひめさま」なんだと思った瞬間、
しんのすけは戦国時代にいた

これもクレヨンしんちゃん映画の中で名作ですね
私の中では嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲がダントツですけど
ラストはもちろんの事、終盤大蔵井としんちゃんのシーンで
みさえが飛び出してきた時もちょっと感動した。
悲しい涙からラストじんわりと暖かい涙に変わるのも
しんちゃんならではですね
posted by kirori at 09:12 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

ラヂオの時間

ラヂオの時間
ラヂオの時間


1997年 日本
監督:三谷幸喜
出演:唐沢寿明、鈴木京香

人気脚本家三谷幸喜の初監督映画。
ラジオドラマを放送するラジオ局の中でのドタバタを描いたコメディドラマ。
みやこ(鈴木京香)の書いたラジオドラマの登場人物の名前に
女優(戸田恵子)が文句をつけたことから、
他の出演者達もどんどん注文をつけ始め・・

なかなか面白かったです。。古畑任三郎とかドラマは見たことあるけど
なんだかんだで三谷幸喜の映画見るのって初めてかもしれない
「へ〜ラジオドラマってこんなんなんだ」と思うような感じ。
おひょいさんとトラックの運ちゃんの渡辺謙がいい味出してたなぁ
posted by kirori at 13:42 | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲


2001年 日本
監督・脚本:原恵一
出演:矢島晶子、ならはしみき

クレヨンしんちゃんの映画9作目。
「20世紀博」にハマる大人達。秘密結社イエスタデイ・ワンスモアに
大人達がさらわれて21世紀を守るためにしんのすけが立ち上がる

泣いた。泣きまくった・・。映画館で見れば良かった〜
ひろしの回想シーン
音楽もすごく良くて映画を盛り上げていきます。
音楽が流れて自分の小さかった頃自転車の後ろに乗って
父親の背中を見上げるシーンから、ぐーっと胸にきました。
それと最後のシーン 最大の見せ場
感動色が強いけど、もちろん面白い場面もあります。
人が死ぬお涙頂戴ものではなく、人が死なずして
ここまで感動するなんて素晴らしい作品です・・・
昭和のレトロな感じも良いしひろしの台詞も良い!
クレヨンしんちゃん映画の中ではこれが一番かな
クレヨンしんちゃん映画史上一番の名作です!!まだ見てない人はぜひ!!
posted by kirori at 18:54 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

ドラゴンヘッド

ドラゴンヘッド
ドラゴンヘッド


2003年 日本
監督:飯田譲治
出演:妻夫木聡、SAYAKA

テル(妻夫木聡)達が乗った新幹線は突然事故に襲われる。
なんとか生き延びたテル・アコ(SAYAKA)は地球の滅亡を目にする。
原作・望月峯太郎のコミックドラゴンヘッドを映画化。

藤木直人見たさに見た映画です。
普段の役と違うちょっとアブナイ役ということで。出演は短いんですけどね。
映画の感想は・・面白くなかった。この一言に尽きます。
ほとんどが廃墟と化した東京でテル(妻夫木聡)とアコ(SAYAKA)が
叫んで走って・・という感じでした。
MISIAの心ひとつは良かった。
心ひとつ(CCCD)
心ひとつ      (CCCD)


公式サイト→ドラゴンヘッド

posted by kirori at 02:05 | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。