2005年01月13日

ハウルの動く城


ハウルの動く城
ハウルの動く城
ハウルの動く城
ハウルの動く城

2004年 日本
監督:宮崎駿
出演:倍賞千恵子、木村拓哉 他

ソフィーは魔女に老婆の姿に変えられハウルの動く城に住み始める。

う〜〜ん・・・期待しすぎたのか・・イマイチでした。
もちろんスタジオジブリの映画なので映像はすごく綺麗だし、
好きなシーンもあったんですよ。
ソフィーとハウルが空中を歩くシーンとか、
その後ソフィーが降りるシーンとかリアル?で「おお〜」と思ったりも。
が、他でも言われてるようにストーリーの説明不足・破綻で
見終わった後は「子供用?」と思ってしまう映画でした。

以下ネタばれ↓(ドラッグしてください)
ストーリーと声はツッコミ所満載な感じで、
見ている間心の中で結構ツッコんでしまいました。
キムタクの声は別に気にならなかったけど倍賞千恵子は・・・
若い時のは別の人にすれば良かったのに 18歳はかなり無理がありました。
(私は最後まで馴染めなかった・・)

そしてストーリー・・・。
老婆の姿に変えられても心は18歳のままなのに
「なんで喋り方が年寄りっぽくなるの?」とか、
ハウルの心臓(カルシファー)に自分で水ぶっかけといて
「ハウルが死んじゃった〜」と泣くソフィー。
「おいおい、自分でやったんだろぅ・・」と。

反戦の意味も込められてる映画ですが、ラストは女王が
「戦争はやめましょう」と言って戦争が終わっちゃう。
「ええ〜!!そんな簡単に終わるわけないじゃん!!
そんなんで終わったら誰も苦労しないよ( ̄Д ̄;)」
そして消えてしまうはずだったカルシファーもハウルも
二人とも助かってめでたしめでたし。
ラストが「子供用の映画」かと思った一番のシーンですね・・
映像は文句なし!でもストーリーがこんなに面白くないと、
こういう風に感じるものなんだなと思ってしまう映画でした・・・
posted by kirori at 21:40 | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

スペーストラベラーズ

スペーストラベラーズ
スペーストラベラーズ

2000年 日本
出演::金城武深津絵里、安藤政信 他

「踊る大捜査線」の本広監督が原作の「ジョビジョバ大ピンチ」を映画化。
3人の強盗と人質のストーリーがコメディタッチで描かれている。
この映画は好きと嫌いにわかれるみたいだけど、私は好きです。
深く考えずに笑えて楽しめる感じ。
豪華キャストでやったから面白かったっていうのもあるかも。
たまに観たくなってもう3,4回は見てます(笑)
映画の中で深津絵里が言ってた「文化祭の前日にみんなで準備してる」感じがいい。
面白いのは電話するシーンとかかな〜 筧利夫とかいい味出してて。
ラストはイマイチ・・ですが、トータルでは結構好きな作品です



なんと映画が元でアニメ版まで作られています。
本家の映画の中でアニメについて深津絵里と安藤政信が話すところがあって
結局それはわからずじまいなんだけど・・・
気になるところです

以下ネタばれ(ドラッグしてください)
踊るの後に撮ったからか、警察突入シーンはかなり似てましたね
オペラ?っぽい音楽に映像がスローで流れるとか。

ラストは今までコメディでいってたのに人が死んじゃうのはちょっと・・
どうなったかわからなかったし はっきりさせてほしいものです。そこだけです。
posted by kirori at 14:37 | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。